メイク革命!ハリウッド・エアーブラシメイク
赤ちゃん誕生記念筆
エステ料金3割引 当サロンは初めてご来店の方は初回に限り、エステ全メニュー3割引の料金で受けて頂けます!!割引券のダウンロードはこちら
三上 京のビューティ・コンシェルジェ
京美容療法サロン 携帯サイト
QRコード
エステメニューなどお得なクーポン情報をご覧いただけます。
http://www.miyako-beauty.com
京美容療法サロン Twitter
京美容療法サロン facebook
みかみ京 facebook

Dr.ハウシュカ化粧品 Dr.Hauschka 広島から始めたコスメ

Ep.1-2 ドイツのオーガニックコスメ

〜美の本質をもとめて〜 Story of essential human beauty

1983年10月

写真

当時、ベルリン最大で最古のデパート「カー・デー・ベー」での初仕事。
日本でいうなら、三越日本橋店に相当する老舗デパートです。
そのプロモーションに日本人アーティストとして参加しました。
5日間の売上は同デパートでの同種類の催しとしては新記録を達成。

その後、1ヶ月間はハノーバー・ブレーメンなどの北ドイツを廻りました。

次にミュンヘンを中心に近郊の町に滞在していた時、私はハウシュカに出会いました。

カー・デー・ベーのプロモーションの様子

ある日、南ドイツ地方ではいつも同行してくれる コスメティカリン(美容部員)のマーガレットさんと散歩していたときでした。(そういえば、ドイツ人は散歩好きですね!!)
コンタクトレンズで眼が疲れていたので、目薬を買おうと小さな薬局の前に行きました。
すると、入り口が2つあります!?

M... 「京はどちらから入りますか?ホメオパシーとアロパシーに分かれています。
もっとも、店の中はつながっていますよ。」
京... 「ホメオパシー?アロパシー??それはなんですか??」
M... 「ホメオパシーとは昔から伝承された自然療法で作用は比較的緩やかなもの。アロパシーとは近代最新の化学で作られた即効性のあるもの。というところかしら…」
京... 「ふ〜ん。東洋の漢方薬のようなものかな〜?じゃあ、左のホメオパシーの入り口から、入りましょう。」

小さな店内ですが、ドイツらしく、きれいでキチンと商品が並んでいます。
おやおや!化粧品もあります。
右の棚にはデパートで見かける化粧品も少しはありましたが、私は左のホメオパシー棚にある、みたこともないコスメを手にとりました。

店員... 「Guten tag!!Kan ich ihnen heipen!?
(こんにちは、何かお探しですか?)」
京... 「目薬を探しているのですが…でも、化粧品にも興味があります。」

と、話すと…たちまちドイツ語の嵐……ここからはさっぱり、わからないので、マーガレットさんに作用の緩和な目薬を1つくださいと伝えてもらいました。
それから、初めてハウシュカのローズクリームを手の甲に伸ばしました。
なんて!いい薔薇のかおり!!初めての香りとテクスチャーです。
クリームの伸びは重いのですが時間がたつとすっかり肌に吸収されました。
化粧水もクレンジングも・・・そうです!
洗顔クリームにいたっては懐かしい日本的な香りがします。
これで、100%天然素材だけで防腐剤や保存料などの表示指定成分が一切入ってないと
言うではありませんか??
「うそ〜〜!天然のものは腐るでしょう??何でこんな化粧品が存在するのですか??」私は本当に信じられませんでした。大きなカルチャーショックを受けたまま薬局をでました。

マーガレットさんは軽く微笑みながら話し始めました。
ハウシュカはもともと医薬品会社であること、その他にもドイツや欧州には沢山の天然・自然の素材のみで作られた、医薬品やコスメがあること。それは、中世、錬金術時代の古くから発展して現在に至ったこと。
植物の植付けから土壌、収穫に至るまで、自然や天体のリズムの製法で作られていること。
(※バイオ・ダイナミック農法)

散歩をしながら、私はひとつの物語を聴くような不思議な感覚を覚えました。

写真

その時、私たちの後ろから、子供たちのにぎやかな声が聞こえました。
植物の苗木やジャガイモなどを持ち、楽しくバラバラと歩いてきました。
どうやらキンダーガルデン(幼稚園)の子供たちです。
みんな可愛い子供らしい笑顔です。手には、お芋や植物の苗を持っています。
私が東洋人とみえて、挨拶をしてくれました。
子供好きな私は聞いてみました。

京... 「何をもっているの?どこにいくのかな〜?」?
子供たち... 「今からお芋を植えにいくのよ。」?
京... 「いいわね〜!日本では私も幼稚園のときに芋掘りをしたわ〜。」

すると、引率していた女性とマーガレットが異口同音に…
「日本ではお芋を掘るだけ!?収穫しかしないのですか?」とビックリした様子です。
幼稚園の時、私は芋掘り遠足にいきました。確か保護者と一緒でした。
でも、ドイツのこの学校では…植物は種や苗から育て、何度も農園に行き、収穫も子供たちが体験するとのことでした。
また、植え付けや収穫の日時も決まっていると…
そういえば、暦を見て、祖父も同じ事を言っていたにことに気がつきました。
「ジャガイモの種芋を植えるのは今日でなくてはいけない。昨日でも明日でもなく・・・」
彼等の幼稚園名前はヴァルドルフ・シュタイナー・キンダーガルデン
マーガレットさんもこの幼稚園や学校の出身だそうです。
先ほど購入した、この目薬もシュタイナーが関わっているとのことでした。
シュタイナー !? ルドルフ・シュタイナー その名前は覚えていました。
思春期に本で読んだことがある、その名前。
今世紀最大の霊人だと・・・
シュタイナーの学校や幼稚園がある!!??
おまけに医薬品や化粧品まで存在するなんて・・・・!?
私には新鮮な驚きでした。

M...「本屋に寄りましょう!そして、夕食のときに続きを話しましょう。」
 
なんだか、とても不思議な気分でしたが、気持ちがワクワクしてきた感覚を今も明確に覚えています。

※ バイオ・ダイナミック農法とは・・・
ルドルフ シュタイナーが提唱した化学肥料や殺虫剤を使わない有機栽培農法。
天体の運行リズム、独特の肥料作りなどさらに自然界の諸力を取り入れた農法です。

ページ上部に戻る